滋賀銀行 金融コード:0157

よくあるご質問 > 内容参照
 検索結果詳細
件名 預金口座名義人が亡くなりました。どのような手続が必要ですか?
回答 当行における預金の相続手続の一般的な流れは、次のとおりです。
なお、貸金庫やローンの取引をいただいている場合は、お取引店の窓口まで事前にご相談願います。



1.相続のお申し出
・当行からお渡しする「相続に関するお伺い」に必要事項をご記入のうえ、ご提出いただきます。
※お亡くなりになられたお客さま(被相続人)の預金取引は、相続手続が完了するまで停止させていただきますので、自由に出し入れができなくなります。
「相続手続に関してご用意いただく書類等のご案内」をお渡ししますので、必要書類をご準備願います。

2.必要書類のご提出
・ご提出いただいた必要書類を確認後、「相続預金払戻・名義書換依頼書」などの書類(以下「払戻依頼書」といいます)を郵送(または手渡し)いたします。
※ご記入いただく「払戻依頼書」は、通常10営業日以内に郵送(または手渡し)いたします。
・「払戻依頼書」に必要事項のご記入、相続権利者さまのご署名および実印をご捺印のうえ、ご提出いただきます。

3.「払戻依頼書」のご提出
・ご提出いただいた「払戻依頼書」の記入内容を確認後、解約元利金の払戻手続または名義書換手続を行います。
・手続完了後、計算書・通帳等を郵送(または手渡し)いたします。
カテゴリ よくあるご質問 > 各種お手続き > 相続手続
関連FAQ
Q.相続預金の残高証明書を請求するにはどうしたらよいですか?
Q.相続手続において準備すべき必要書類は?
Q.相続手続に関するお問い合わせ先について
参考になりましたか?
  
i-ask